Archive for the ‘うつ病’ Category

看護師は人をケアする仕事ではあるものの、一方で看護師自身がケアを受けなければならないケースもあります。一般的な職業と比べて看護の仕事は、肉体的や精神的な負担が大きいです。また医療現場では看護師不足の傾向にあり、人員が足りないために一人の看護師に大きな負担が及ぶことが多々あります。そのまま看護師への負担が解消されないでいると、精神的な不調をきたす恐れがあります。

そのため看護師は、自主的なストレスチェックが欠かせません。特に注意が必要なのが、うつ病など精神病の前兆を事前に察知する事です。まだ本格的に精神を患う前の段階であれば、精神治療の効果はすぐに表れて、職場に復帰することが出来ます。しかしうつ病がかなり進んだ状態では、スムーズな仕事は出来なくなってしまいます。特に看護師は人の命や生活を救う役目がありますので、少しのうつ症状でも医療現場では命取りになります。

例えばうつ病にかかる前に起こる症状として、食欲不振や睡眠不足、さらに無気力などがあります。さらにストレス度が進行すると起こる前兆の例として、味覚が麻痺したり幻聴を耳にするなどの症状が表れます。看護の仕事による多大なストレスが、こうした体の不調を引き起こす可能性があり、前兆があれば早めの対処が必要です。ストレスによりうつ病にかかるかどうかは、人それぞれに違いがあります。例え本人の判断で健康であると感じていても、既にうつ病の可能性もあります。ストレスによる異常は、本人の自覚が難しい傾向にあります。できれば周囲の人たちにも客観的にチェックしてもらい、看護師の仕事のストレスが問題となっていないかどうか確認すると安心です。